アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎とステロイド

ステロイドは、アトピー性皮膚炎の治療薬としてあまりにも有名な薬です。

ステロイドとは本来、私たち人間の体の中にある副腎皮質ホルモンで、体にとって必要なホルモンで、ステロイドが体からなくなると生きていけません。

治療薬ステロイドの効果は「炎症を抑える作用」と「ストレスに対抗する作用」などがあります。

しかし、多くの人が副作用を心配して、医師から処方されても使わずに民間医療に頼る人もいます。

ステロイドの効果と副作用をしっかりと理解して使用すれば、決して怖くない治療薬です。

ステロイドは長く使用しなければ副作用が出ない薬です。

どうしても心配でしたら、医師から処方されたステロイドを使用してみて、3日以上もまるで変化がなかったら止めてみてはどうでしょうか?

もっとも、羽飼期間効果が無ければ医師の方から薬を変えてくれると思います。

アトピー性皮膚炎になる原因は複雑で、そのため誤った情報が氾濫しがちです。

ステロイドについても、過去にステロイドバッシングなる現象が起こったことがありました。

それが未だに尾を引いている現実もあるようですが、ステロイドは炎症を抑えそれ以上に広がらないようにする大事な薬です。

医師の指示に従って正しく使用することをお勧めします。

誤った情報から、根拠のない治療法に頼ってみたりする患者さんも大勢います。

そんな、患者さんの悩みに付け込んだアトピー商法なる悪徳商法も横行しています。

正しい治療を受けるとともに、悪徳商法に騙されないように注意をしてください。

アトピー性皮膚炎と食事治療

人間の体は食物を食べることで生命を支えています。

どんなものを食べた結果は体にも健康にも現れます。

管理栄養士のある方は「その人の顔や体型を見ればどんな食事内容なのかわかる」と言っています。

さらに食事は、顔や体型、そして健康にかかわってくるばかりでなく、精神面にも影響してきます。

そんなに大切な食事なのに、どちらかと言えば美味しいから食べる、空腹を満たすために食べるなど、あまり健康を意識しての食べ方をしていない人が多いようです。

アトピー性皮膚炎の原因が食事が全てとは言いませんが、現代にアトピー性皮膚炎の患者さんが急増しているのも、現代の人の食事が乱れているのと無関係ではないと思います。

ましてや、食物にはアルゲンとなってしまうものもあります。

学校の給食である特定の食べ物を食べると、アレルギーを起こす生徒さんがいます。亡くなったお子さんもいます。

給食を作る方が、ある料理に豆乳よりも牛乳の方が美味しくできると、栄養士さんが立てたメニューではない牛乳を入れて、牛乳アレルギーの生徒さんがアレルギーを発症していまいました。

アトピーの患者さんにとっては、他の病気以上に気を付けなければいけないのが食事です。

原因の食べ物を除いた食事を続けることで、食べ物への過敏性が弱まっていき、次第にアレルギーの原因の食べ物になっていたものを食べても反応しなくなっていきます。

糖尿病など生活習慣病も食事療法が一番効果を上げています。

ましてやアトピー性皮膚炎はさらに食事が関係しています。

卵や牛乳を使わなくても美味しくできるレシピの本もたくさんありますし、ネットでもたくさん紹介されていますから、利用して美味しくてアトピー性皮膚炎にも良い食事を工夫してください。

アトピー性皮膚炎は、気長に正しい治療を続けていけば治る病気です。

アトピー性皮膚炎とスキンケア

アトピー性皮膚炎を発症する人にとってはスキンケアがとても大事です。

正しいスキンケアがアトピー性皮膚炎の予防であり、治療なのです。

アトピーを繰り返して慢性にしてしまわないためにもぜひ、注意してください。

アトピー性皮膚炎の原因にはアレルギーの他に乾燥肌や衣服の刺激、そして汗をかくこともアトピーを発症させてしまいます。

また、引っ掻いて傷口をつくり、その傷口に細菌が入ってアトピーを発症させてしまうこともありますから、肌の清潔はアトピー性皮膚炎の人には欠かせません。

日常のスキンケアでは、

「毎日、シャワーか入浴をして肌を綺麗に保つ。」

「肌に優しい弱酸性の石鹸を使って体を洗う。(洗い過ぎて皮膚の必要な脂分まで取ってしまったり水分まで抜かないように注意)」

「保湿が大事なので、市販または医師処方の保湿剤を使用する」

「化粧品はアレルギー反応を起こさないものを選ぶ(ベビーオイルなどを使用)」

などに注意をしてください。

自分の肌に合わないときは、医師に相談をするとか、使用するのを止めます。

アトピーの人にとって、清潔にしておくためにお風呂が欠かせないのですが、入り方に気を付けないと悪化させてしまう可能性があります。

肌は清潔にしておかなければならないといっても洗い過ぎは良くありません。

というのも、友人のご主人は、洗いすぎは良くないと、できるだけ洗わないで、そうしてアトピー性皮膚炎を改善しています。

そのご主人のいうのには、プッシュして出すボディーソープなどは、界面活性剤が入っていて必要な水分まで奪ってしまって良くないので固形石鹸で、そっと体を洗っていたそうです。

長い期間かかりましたが、今ではアトピー性皮膚炎はほとんど発症しないですんでいます。

アトピー性皮膚炎を漢方での治療

アトピー性皮膚炎を東洋医学の漢方で治した患者さんもいます。

東洋医学とは東洋の主に中国などを中心にして発達した伝統医学です。

「インド」「チベット」「中国」の医学を基にした漢方の総称です。

漢方では、気と呼ばれる体内のエネルギーの存在が生命の基本として、気の流れが人間の健康を支配するという考え方を基にしています。

日本でも、明治になって西洋医学が入ってくるまでは東洋医学で病気を治していて、医療といえば漢方薬が中心でした。

現在の日本の医療でも漢方薬での治療を行っています。

アトピー性皮膚炎の治療薬の顆粒剤の漢方薬は、普通の薬局でも買えますが、皮膚科を受診して購入したほうが、保険範囲内なので安く買えます。

漢方薬は肝臓に負担がかかりますから、医師に相談しながら飲むことをお勧めします。

漢方での治療は治りが遅いですが、アトピー性皮膚炎のように、完全に治ることはなく、上手に抑えながら付き合っていく疾病には向いていると思います。

そして、漢方を処方してもらっている間は、定期的に検査をしてもらうことが必要です。

大学病院で漢方での治療でアトピー性皮膚炎を治した人がいます。

漢方での治療なので、長い期間通ったそうですが、塗り薬を使わずに治したといいます。

その人の言うには漢方で治すなら絶対皮膚科へ通って治すのがお勧めと言います。

保険が適用されるということももちろんありますが、検査も処方も正しく行われるので、皮膚科抜きに漢方での治療は考えられないといいます。

アトピー性皮膚炎は、正しい治療で治ります。

間違った民間療法に頼ることなく、しっかり皮膚科に通って治すことをお勧めします。

我が子のアトピー性皮膚炎との壮絶な闘い

知る人ぞ知る美人女優さんなのですが、その女優さんは生後間もない我が子がアトピー性皮膚炎を発症し、それからというもの、親子して壮絶な戦いが始まりました。

ここまで酷いアトピーは見たことがないと病院で言われるほど酷く、生まれて初めて口にした言葉が「かゆい」だったとか。

顔中血だらけにして苦しむ我が子は、常に抱っこをしていなければならず、治るまでの4年間は座って食事をした記憶がないそうです。

やっと見つけた中国人の医師を見つけて喜んだのもつかの間、突然医師がいなくなりました。

日本での免許がないので強制的に本国に送り返されたのだそうですが、大変な思いをして医師を探し出して、中国まで何度か通って治療を続けたのです。

そして、驚いたことにお子さんは4年で完治しているのです。

アトピー性皮膚炎は完治することはなく、症状が出ないだけと言われますが、もうすでに大きくなっていますが、1度も再発することもなくすんでいるそうです。

我が子が重度のアトピー性皮膚炎を発症した後にご主人と離婚をしているので、一人で全部やり遂げたのですから、ほんとうに驚きますし尊敬に値します。

そして、極度のアトピー性皮膚炎でありながら、一応完治しているのです。

やはり、アトピー性皮膚炎は治らない病気ではないことを、彼女が証明しています。

彼女はお掃除の達人でも有名です。

あちこちのテレビでも紹介されましたし、本も出しています。綺麗な彼女の家はダニなど寄せ付けないでしょう。

もしも、彼女の家にダニがいたら4年かかって治ったお子さんのアトピー性皮膚炎も再発していたかもしれないと思います。

アトピー性皮膚炎を粗食で治した体験談

食事量は、栄養失調になるほど少なくてはいけませんが、「腹八分目で病気知らず」という言葉があるように、食べ過ぎは確実に良くありません。

生活習慣病のもとになりますし、アトピー性皮膚炎も食べ過ぎは良くないと、粗食を実行してアトピーを治した人がいます。

そもそもアトピーというのは「体内に摂り過ぎた栄養素が肌から溢れ出しているもの」という考え方があるそうです。

私はなんとなくその考え方に納得できるのです。

私の長男が生まれたとき、顔に脂肪の塊みたいな小さなぶつぶつがたくさんできていました。

それは、母親が脂っこいものをたくさん食べたからだとお姑さんに言われました。

そんなことがあったので、アトピーが摂りすぎた栄養素があふれ出して、という説を聞いたときはその節は正しいかも!と思いました。

そして、例の粗食でアトピー性皮膚炎を治したという人がさらにいうのには「過剰に摂った栄養素は害になるので、アトピーという形で体の外に出すのだとか。

そして、アトピー性皮膚炎になったことのあり多くのひとが、お肉や揚げ物、お砂糖をたくさん摂ったときアトピーが酷くなっていることを経験しているそうです。

悪いものを食べたときは下痢をします。水分を摂りすぎたときは、トイレに多く行きます。食べ過ぎればウンチも多く出ます。

大食いタレントで有名な女優さんは食事をした後は必ず大を、しかも大量に出すそうです。

女性も妊娠しなかったら、必要のなくなった血を毎月生理として出します。

そうして妊娠すると生理がこなくなります。

なので、栄養を摂りすぎて肌に出るのがアトピー性皮膚炎なのだそうです。

その考えから、粗食にして確実にアトピー性皮膚炎を治した人がいるのです。

色々な病気が食事の悪い習慣からきていることがわかっている今、アトピーは栄養の摂りすぎからという説は信じられると思います。

-アトピー性皮膚炎