脳梗塞(のうこうそく)

脳梗塞の前兆と基本知識

脳梗塞とは

脳梗塞は、脳の血管が詰まった結果脳に充分な血液が届かず脳の血液が不足して発症します。

血液が不足すると酸素欠乏や栄養不足に陥ります。

そして、その状態が続くと組織が破壊され壊死して脳梗塞を発症してしまうのです。

血管を詰まらせる原因には、
「血栓」
「凝固塊」
「脂肪塊」
「石灰片」
「腫瘍塊」などがあります。

脳梗塞の予防と治療に必要なことから、脳梗塞の種類を
「ラクナ梗塞」
「アテローム血栓性脳梗塞」
「心原性塞栓症」
の3種類に分けています。

ラクナ梗塞は高血圧の人が発症しやすく、発症する時間帯は睡眠時に多く発症するという特徴がありますが、軽くすむとかまったく出ない人もいます。

アテローム血栓性脳梗塞は、いわゆる生活習慣病の持病のある人が発症しやすく、心原性塞栓症は心臓内にできた血栓はがれて脳に行き脳の血管が塞がれた時に突然発症します。

このタイプは昼間活動している時に多く発症します。

脳梗塞に罹る一番の原因は、
「高血圧」と
「高脂血症」と
「動脈硬化症」で、ほぼ全てと患者さんにこれらの既往症がみられます。

最近になって片頭痛や薬物から脳梗塞になることも言われるようになり、今のところは研究段階です。

脳梗塞を発症すると後遺症として半身不随になる人が多く、1度目の発症では後遺症が出ても、多くは比較的に簡単に治ります。

怖いのは2度目の発症ですが、2度目の発症の後遺症は大きく、深刻なものがあります。

発症した部分が脳梗塞の右側の場合は、反対側の左側が半身不随となり、脳の左側が発症すると体の右半分が麻痺するという特徴があります。

脳梗塞で半身不随になってしまったとき、リハビリが大きな効果をあげるのですが、脳梗塞にかかる人は比較的高齢の人に多く、リハビリの辛さに耐えられない傾向があります。

脳梗塞の前兆

脳梗塞の前ぶれとしては、運動障害が多くみられます。

ふらふらしてうまく歩けないとか、片方の手がしびれるとか片足を引きずる、ものに躓きやすくなるなどがみられます。

ただ、高齢の人に多い脳梗塞ですから、これらの症状が出たとしても年だからと見過ごされがちです。

上記の前触れの他、知覚障害としては、片方の目が一時的に見えなくなったり、物が二重に見えたりします。

言葉が出ない、理解できないという言語障害が出る人もあります。

私の母方の従妹が脳梗塞を三回起こして今は半身不随になっています。60代半ばです。

家族の人の話によると、脳梗塞の前兆として呂律がおかしかったり、まっすぐ歩けなかったり、手先が痺れるとか、頭の後が痛いなどの自覚症状があったそうです。

しかし、それが脳梗塞の前触れとわかったのは、脳梗塞で倒れてからわかったことであって、そのときは、なんだろう?
とか、年だから色々出てくるのよね、程度に思って深く考えなかったそうです。

脳梗塞患者さんの多くは自覚症状があったにも関わらず、それが脳梗塞の前兆とは夢にも思わず、倒れて初めて脳梗塞とわかったといいます。

脳梗塞の前触れの症状なのかどうかの判断は難しいと思います。しかし、多くは複数で前触れの症状が現れるといいます。

気を付けていて複数の前触れの症状が見られたら、すぐに病院へ行って調べてもらうことをお勧めします。

もしかしたら脳梗塞の前触れではないかもしれません。

でも、手遅れになって後悔するよりずっとましだと思います。

脳梗塞の一般的な症状

脳梗塞の前触れの症状があったと、倒れて半身不随になったり、感覚の低下や、手足の運動障害、半身麻痺やしびれ、意識障害、言語障害、昏睡などの症状を起こします。

同じ脳に血管が詰まる病気に脳血栓がありますが、脳血栓の場合は症状が数日かけてゆっくり出現することが多く、脳塞栓の場合は突然さまざまな障害がでてきます。

脳梗塞の特徴的な症状として、
「意識障害」
「片麻痺」
「四肢麻痺(両方の手足が全部動かなくなった状態))
「片方の手足の感覚障害」
「顔面の感覚がなくなる」
「言語障害」
「失語症(しつごしょう)」これらの症状の他、
「健忘症」
「同名性半盲」
「複視」
「ふらつき」
「嚥下(えんげ)障害」など、
実に様々な形で症状があらわれるのが脳梗塞の特徴です。

本人や家族が脳梗塞に気づいたら、一刻も早く専門の医師のいる病院に行くことですが、それには常日ごろから、脳卒中が起こったらこの病院、心臓発作かもしれなかったらこの病院などと心づもりをしておくことも必要です。

それには、脳梗塞の前触れの症状も頭の中に入っていなくては発見ができません。

近年の医学の進歩で脳の検査方法も著しい進歩を見せていて、脳卒中もCTやMRIを使うことで早期に確実に診断ができるようになっています。

早期発見で早めに治療が行われればその後の回復が早くて済みます。

できれば発症して3~4時間以内に病院で受診できることが理想です。

糖尿病や高血圧の既往症がある方は、特に脳梗塞の前触れと言われる症状に気を付けていてください。

脳梗塞の診断の方法

脳梗塞と脳血栓はよく似ていますから、脳血栓による症状なのか、脳塞栓による症状なのかを正確に診断するのは難しいといわれています。

そこでその判断に使われるのがCTやMRIです。

これらの機械で脳血管撮影などの検査を行います。

通常はこの検査で判断がつきますが、もし、心源性脳梗塞症の場合は、ホルター心電図をとって調べます。

この検査は心電図記録計を患者さんに24時間携帯してもらい、これをコンピュータで解析して24時間の動きを診断します。

脳梗塞の診断は、初期の脳梗塞の場合、頭部CTではたとえ専門医でも、なかなか判断がつかないそうです。

最初からしびれなどの症状が出ていれば脳梗塞も疑いますが、嘔吐が続くだけでしびれなどもないときは、CTに何も写らないことの方が多く、脳梗塞と診断するのはほぼ不可能といいます。

唯一の手段はMRIを取ることなのですが、MRIが時間がかかること、そして費用も高いので、全症例にそこまでできないのが現状でそれが現在の医学の限界だといいます。

近所の70歳過ぎのお年寄りの方ですが、夜嘔吐を繰り返して家族が救急車を呼び病院へ連れて行ったのですが、過労かウイルス性の胃腸炎かとの診断を受けました。

入院は必要ないと言われたのですが、家族の人は頭が痛いと言っていたことも気になりCTの検査をお願いしたところ、医師は「本当はその必要ないのだけれど」と言いながらも検査をしてくれて異常なしということで帰宅しました。

しかし、それでも気になって次の日に同じ病院へ連れて行き、MRIの検査をお願いしてやってもらったところ脳梗塞がわかりました。

しかも、前夜とったCTにそれがうっすらと映っていたというのです。

「もうちょっと早く来れば2、3日の入院ですんだのに」と言われ、さらにショックを受けたそうです。

だって、早く連れて行っていたのですから。

救急車で行って専門医がいなかったのも不運だったとはいえ、後遺症の残った親が不憫でならないといいます。

もし、家族や本人が脳梗塞と思われたら、医師がMRIの検査は必要ないと言っても強引に頼んでみることも大事だと考えさせられた一件でした。

脳梗塞の危険因子と症状

脳梗塞は発症すると
「半身不随」
「意識障害」
「言語障害」
などの重大な障害を残す怖い病気です。

そして、一度発症すると繰り返し再発するのが脳梗塞です。

したがってなんとしてもその発症を防ぎたいものです。

今未病が言われています。病気にならない生き方が提唱されています。

気を付けていても絶対に罹らないわけではありませんが、リスクは少なくなると思います。

脳梗塞の危険因子と言われるものには
「1.高血圧」
「2.糖尿病」
「3.高脂血症」
「4.喫煙」
「5.心房細動 」
「6.卵円孔開存」
「7.抗リン脂質抗体症候群」
「8.先天性血栓性素因 」
「9.ホモシステイン血症 」
「10.ヘマトクリット」
「11.フィブリノゲン」
「12.頸動脈病変」
「13.無症候性脳梗塞」
「14.動脈解離」
「15.大動脈粥腫」
などがあり、覚えきれませんし、
どうやって気を付けるの?ということになってしまいます。

しかし、脳梗塞を発症する人のほとんどに、1,2,3の高血圧、糖尿病、高脂血症の既往症がみられるといいます。

この3つは生活習慣病に入っています。

60歳以上の人や脳卒中の家族歴のある人、糖尿病の人は成人病の予防策の食事と睡眠と適度の運動をしっかり守れば防げるということになりますよね。

そのことが【病気にならない生き方】なのではないでしょうか。

適度な運動で積極的に体を動かし、太り過ぎに気を付け、十分な睡眠、休養、禁煙、節酒をお勧めします。

これらのことは、既にほとんどの方がご存じのはずです。これらを守る気があるかないかだけと言えます。

ちなみに、脳梗塞は冬に多い病気ですが、夏も脱水症や夏カゼから脳梗塞になる人が多いといいます。

夏は水分補給にさらに気を付けてください。

脳梗塞が冬に多い理由

脳梗塞を発症すると重い障害が体に残るほか、認知症にもなりやすくなってしまう怖さがあります。

そして1年のうちでも特に冬に多いのが脳梗塞です。

冬になったら、特に注意が必要です。

脳梗塞は、脳の血管が詰まり血液が十分に脳にいかなくなりおこる病気です。

人間の体は寒いときには熱が逃げないように血管を収縮させて血圧を上げます。

一時的な血圧の上昇も若い人ならすぐに元に戻りますが、加齢とともにその働きは衰えます。

そのために高齢者に、そして、寒い冬に脳梗塞が発症しやすくなってしまいます。

暖かい部屋から寒い部屋に移動する急激な温度の差は、血圧を急激にあげて危険です。

家の中でも、家の中で脳梗塞を起しやすい場所として、お風呂場や玄関、寝室がありますがいずれも家の中でも寒い場所です。

お風呂場は寒さと脱水症状が重なりやすくなっていますし、お風呂場と湯船の温度差も脳梗塞をおこす引金になってしまいます。

高齢の方は、お風呂場や脱衣場が暖まってから入るなどの工夫の他、水を飲んで水分不足を補うことで脳梗塞を起こすリスクを少なくできます。

寝室で脳梗塞を起こすリスクを防ぐには、寝る前と朝起きたときに飲むコップ1杯の水が効果がありますからおススメです。

玄関先も部屋の温度とだいぶ差がありますし、外に出るとなると急激な寒さにおそわれることになります。

しっかりと厚着をするとともに首にマフラーを巻くことをおススメします。

肌が直接触外気に触れる首をカバーするのは特に効果があります。

そして、冬は運動不足になりがちです。

ストレッチでしたら部屋の中でもできますから、簡単なストレッチを心がけてください。

ちょっとした心がけが脳梗塞を防げます。

-脳梗塞(のうこうそく)