椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアについて、はじめに

pic_g068_r

椎間板ヘルニアという病気の症状を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

椎間板ヘルニアは誰にでも起こり得る病気です。

腰痛や坐骨神経痛、しびれなどの症状がでます。

多くの場合、突如激痛に襲われます。

このサイトでは椎間板ヘルニアについて紹介します。

腰に違和感がある方や、しびれの症状が出始めているかたなども椎間板ヘルニアについての知識を得て、必要な対策を早めにとれるようにしましょう。

私たちの背骨は24個の骨が重なって形成されています。

この骨の間にあるクッションのような働きをしているものが椎間板と呼ばれます。

椎間板は、外側の繊維輪とよばれる部分と、内側の髄核から成っています。

一か所の背骨に負荷がかかったり、周辺の筋肉が急激に衰えたりすることで、この椎間板に負荷がかかります。

負荷がかかると、卵のように割れて穴が開いてしまったり、亀裂が入ってしまいます。

そして穴や亀裂から餡の部分である髄核が漏れ出すのです。または椎間板自体が変形してしまうこともあります。

ヘルニアとはこのように本来はあるはずの形状が形を変えてしまうことを指します。

この繊維輪から出てしまった髄核や、変形してしまった椎間板が近くの神経を圧迫することで、激しい痛みを引き起こすのです。

繊維輪から髄核が漏れ出してしまうタイプを、脱出型ヘルニアと呼びます。

そして椎間板自体が変形してしまうタイプを膨隆型ヘルニアと呼びます。

膨隆型ヘルニアは、脱出型ヘルニアよりも症状が長引く場合が多いと言われます。

椎間板ヘルニアの治療は大きく分けて2つあります。

それは、保存療法と呼ばれる療法と外科療法です。

保存療法は、基本的に安静療法が核となります。

安静にして痛みを引き起こしている炎症が鎮めることが大切です。

そして投薬や腰痛ベルトなどを用いて痛みの解消をします。

激痛がある期間である急性期は次第に治まり、我慢できる程度の痛みを伴う亜急性期がはじまります。

亜急性期には積極的に体幹や腰回りの筋肉をつけて、ヘルニアの箇所をサポートできる体作りをすることが大切です。

このサイトでは、椎間板ヘルニアの基礎知識や治療方法などについて紹介します。

知識を身に着け、痛みに悩む前に早めのケアを心がけましょう。

-椎間板ヘルニア